整水器について

整水器を使うメリットや効果などを紹介

整水器を使う理由

整水器とは

酸化したお水をマイナスイオン水や栄養たっぷりの水素水、天然水を簡単に飲むことができます。お水の酸化が進むと一週間ほどで殺菌が増し、栄養素が減少して風味が落ちます。まとめて整水したお水よりも飲むたびに整水したお水の方が断然美味しいです。

手軽に整水

お水の酸化が進むと一週間ほどで殺菌が増し栄養素が減少して風味が落ちます。そこで、とっても簡単な整水器の使い方をご紹介。ワンタッチで整水される多重フィルター搭載の整水器は水道水から整水できます。

水道水を整水するので水溶性のビタミンB群などの栄養素が多く残ります。水素水に変わる「水素水モード」とマイナスイオン水に変わる「マイナスイオン水モード」の2通りあります。

「水素水モード」は、水道水に含まれる残留塩素や嫌な臭い、殺菌除去してくれる多重フィルターが搭載されています。

「マイナスイオン水モード」は、体内の栄養素でもあるミネラルやビタミンを効率よく運ぶ働きをしてくれるマイナスイオン水に整水されます。

雑菌が残らないから環境にやさしい

水環境の汚染につながる「雑菌」が出ないことで環境に配慮しています。

簡単・便利!すぐにおいしいお水が飲める

雑菌が取り除かれるので、水道水の水を整水しそのまま飲むことができます。スイッチを押すだけで整水され、整水モードもスイッチ一つで切り替えることができます。(飲む度に整水するとさらに美味しく飲めます。)

整水器で美味しく

お水は、その都度飲むときに家庭用整水器で整水することをおすすめします。その理由は、整水したまま2週間も経つとお水は味が落ちてきてしまうからです。ご家庭に整水器があればその場で整水。その方が美味しいだけでなく、栄養価の高いお水で健康的な生活を送ることができます。

マイナスイオン水は栄養満点

マイナスイオン水が栄養のバランスが良いと言われているのは、水道水に含まれる残留塩素や嫌な臭いが取り除かれることによって、浄水されるからです。また、ビタミンB群を含むミネラルや酵素が凝縮した水素水に整水されることで一層健康に効果的と言えます。

水素水の構成

水素水とは、水の中に一定以上の水素が含まれた水のことを言います。その水素水を体内に取り入れることで体をサビつかせる原因の「活性酸素」の発生を予防できると言われています。水素水はマイナスイオン水に比べると約3.8倍のビタミンB群が取り入れられます。ビタミンB群はたいへん壊れやすい物質なため、普通に整水するとわずか2.8%しか残りません。では、ビタミンB群が不足するとどうなるのでしょうか。

  1. 活性酸素が充分に取り除かれないため、乳酸(疲労物質)が体内に蓄積し、疲労体質の原因になります。(例えば脚気など)
  2. ビタミンB群は脳の構成成分のため、情緒不安定になりさらに不足すると知覚異常、精神錯乱も引き起こすと言われています。

好きな時に手軽にマイナスイオン水

マイナスイオン水は体内の栄養素でもあるミネラルやビタミンを効率よく運んでくれる働きをします。水道水に含まれる残留塩素や嫌な臭い、雑菌を徹底的に除去してくれる「家庭用マイナスイオン水整水器」や「家庭用水素水整水器」を利用することで、簡単においしい水を飲むことできます。もちろん栄養価にも優れている水といえます。

健康と美容に欠かせない繊維質

大腸のお掃除隊といわれている繊維質は、血液の清浄化や美肌に著しい効果を発揮します。繊維質とは、腸内でスポンジのような状態になり余分な脂肪や有害物質を吸い取り便と一緒に排出してくれるものです。繊維質が健康や美容に効果があるのは、腸内をきれいに浄化してくれるからです。